『学校の先生のための授業で使えるヒューマンビートボックス』講座の試行について

『いま ここで なにができるか』を体現する

ヒューマンビートボックスの授業実践へ向けた講座を体験

 

『学校教育におけるヒューマンビートボックスの指導でのオノマトペの活用法の研究』が、2019〜2021年度科研費(科学研究費助成事業)基盤研究(C)一般19K02799に採択されたことに伴い、授業実践をされている現場の先生方を対象に、下記の概要で試験的な講座を受講していただき、教育現場で活用できるヒューマンビートボックスの指導法と、教材の開発に協力いただける幼稚園・小・中・高等学校を募集します。

 

音楽づくりや声を使った音楽表現の新たなジャンルとして注目

 

 ヒューマンビートボックスは、いつでも、どこでも、手軽にできる音楽表現としての可能性をもっており、新しい学習指導要領の「音楽づくり」や「声を使った音楽表現」の新たなジャンルとして注目されます。

 この講座は、学校の先生方にヒューマンビートボックスとは何かを知っていただき、ご自身にその基本的なスキルを身に付けていただいた上で、授業実践に取り入れられるようになるまでを、お手伝いするという試行的なプログラムです。

 

お問い合わせだけでもOK! まずはご連絡を

 

 関心のある方(学校)は、最下段の申し込みフォームよりお申し込みください。お問い合わせだけでも結構です。直接こちらから詳細についてご説明し、実施の目処が立った場合は、研究協力に関する同意書を交わした上で、正式に講座を提供いたします。

 

 

《講座概要》

 

【講座名】

 学校の先生のための授業で使えるヒューマンビートボックス

 

【目的】

 ヒューマンビートボックスの概念及び、この音楽の表現活動を授業に取り入れる意義と効果について理解し、自らの授業実践の中でヒューマンビートボックスを授業化するための方法を習得することを目的とします。

 

【対象】

 幼稚園・小学校・中学校・高等学校の教員

 ※児童生徒を対象とした出前授業ではありません。

 

【シラバス】(1回90分)※実施内容の参考例です。

①ヒューマンビートボックスとは何か《講義》

②ヒューマンビートボックスの音楽的特徴や児童生徒(子ども)の発達段階に応じた教育的活用の可能性《講義》

③ヒューマンビートボックスの基本技能の習得《演習》

④ヒューマンビートボックスを活用した模擬授業(保育)の実践(基礎)《演習》

⑤ヒューマンビートボックスを活用した模擬授業(保育)の実践(応用)《演習》

 

【実施形態】

 個人指導を原則としますが、同一地域で同一日時が可能な場合は、数名のグループ指導も可能です。

 

【受講の上で必要なもの】

 健康な身体のみで、他に何も必要ありません。

 

【担当講師】

◇河本洋一(札幌国際大学短期大学部 教授)

◇一般社団法人日本ヒューマンビートボックス協会が派遣するビートボクサー

 

【実施場所】

 原則として、ご参加いただく方(園・学校)の勤務先

 札幌近郊の方は、札幌国際大学でも可能

 

【実施日時】

 90分×5コマ分の内容を、2日間連続で実施することを原則とします。

 具体的な日時やコマ数(時間数)は、ご要望をお聞きした上で、決めさせていただきます。

 

【ご参加いただくための条件】

①本講座の受講後、実際に講座内容に基づく授業(保育)を実践していただける方(園・学校)

②上記①の授業(保育)実践の様子を、本研究の資料として映像や音声で記録(※)することにご賛同いただける方(園・学校) ※個人情報保護法並びに研究倫理規程の範囲内での使用

③この講座の受講後も、本研究が終了する2021年度末までの間、講座内容の改善及び指導法や教材の開発(※)にご協力いただける方(園・学校) ※ご意見やアンケートを想定

④科研費及び本学の研究倫理規程(※)を遵守できる方(園・学校) ※研究費の使途や個人情報並びに知的財産所有権に関すること

⑤所属長(校長・園長など)の許可(※)をいただける方(園・学校) ※許可は、下記同意書の中でいただきます。

⑥「研究協力に関する同意書」(※)に記載された内容に同意いただける方(園・学校) ※同意書は、上記①〜④の内容を書面で示したものです。

 

 

【費用】

 無 料

 ※研究目的の試行実践のため、講師の派遣に伴う旅費や宿泊費、謝礼、教材費等は、

  科研費基盤研究(C)一般19K02799の経費で負担します。

 

【お問い合わせ・(仮)申し込み方法】Googleフォームへリンクしています。

 下記お問い合わせ・仮申し込み専用サイトから、お申し込みください。

 なお、実施の可否については、受付順に検討し、お返事いたします。

 

 お問い合わせ・仮申し込み専用サイトは→こちら

 研究費には限りがありますので、お申し込み時期によってはご希望に添えない場合もあります。

 予めご了承ください。