北海道新聞コラム『魚眼図』新聞記事をクリックすると拡大します

 北海道新聞(地元では「道新(どうしん)」として親しまれています)コラム『魚眼図』を定期的に担当しております。専門的なことを一般読者にわかりやすく、しかも好きな事を書いてもよいというお話を受けて、毎回ちょっとした興味をそそるような話題を書いています。(10月から夕刊が廃刊となり朝刊のコラムになりました)


タイトル一覧 

※下にスクロールすると記事が出てきます。

㉔『ヒューマンビートボックス』(2023年10月31日付朝刊)

㉓『五番』(2023年7月28日付)

㉒『耳鳴りと自然音』(2023年6月5日付)

㉑『中間言語』(2023年4月14日付)

⑳『バトル文化』(2023年2月13日付)

⑲『コタツと留学生』(2022年12月16日付)

⑱『星の音』(2022年10月21日付)

⑰『人材の”地産地消”』(2022年8月12日付)

⑯『日本語オペラ』(2022年6月7日付)

⑮『大切なのは誰に学ぶか』(2022年3月8日付)

⑭『言葉では伝わらないこと』(2021年12月20日付)

⑬『水琴窟とシャワートイレ』(2021年10月5日付)

⑫『ボイパもリベラルアーツに』(2021年8月2日付)

 ※タイトルは紙面の都合上「ボイパ」となっていますが、ヒューマンビートボックスも含まれています。ビートボクサーのみなさんゴメンナサイ!

⑪『僕らの声』(2021年6月1日付)

⑩『冬から春への音風景』(2021年3月12日付)

⑨『高まる質問力』(2021年1月5日付)

⑧『マスク時代の声の届け方』(2020年10月26日付)

⑦『変化した授業観』(2020年9月4日付)

⑥『音のスケッチ』(2020年7月3日付)

⑤『ハーモニーを奏でる歩道柵』(2020年3月16日付)

④『ひっつくパンツ』(2020年1月6日付)

③『一万種類の音を出す男』(2019年11月1日付)

②『音のミラーハウス』(2019年8月28日付)

①『ヒューマンビートボックス』(2019年7月8日付)


㉔『ヒューマンビートボックス』2023年10月31日(火)朝刊


㉓『五番』 2023年7月28日付



㉒『耳鳴りと自然音』2023年6月5日付

㉑『中間言語』(2023年4月14日付)


⑳『バトル文化』(2023年2月13日付)


⑲コタツと留学生(2022年12月16日付)画像をクリックすると拡大します

⑱『星の音』(2022年10月21日付)


⑰人材の”地産地消”(2022年8月12日)


⑯日本語オペラ(2022年6月7日)


⑮大切なのは誰に学ぶか(2022年3月8日)


⑭言葉では伝わらないこと(2021年12月20日)


⑬水琴窟とシャワートイレ(2021年10月5日)


⑫ボイパもリベラルアーツに(2021年8月2日)


⑪僕らの声(2021年6月1日)

『僕らの声』はこちらから聞くことができます→慶應義塾大学K.O.E


⑩『冬から春への音風景』(2021年3月12日)


⑨『高まる質問力』(2021年1月5日)


⑧『マスク時代の声の届け方』(2020年10月26日)


⑦『変化した授業観』(2020年9月4日)


⑥『音のスケッチ』(2020年7月3日)


⑤『ハーモニーを奏でる歩道柵』(2020年3月16日)


④『ひっつくパンツ』(2020年1月6日)


③『一番種類の音を出す男』(2019年11月1日)


②『音のミラーハウス』(2019年8月28日)


①『ヒューマンビートボックス』(2019年7月8日)

※所属は当時、現在は札幌国際大学観光学部に所属